PHPの”echo”はHTMLに出力する最重要タグ!

PHPの”echo”は再頻出&最重要タグ

“echo”はPHPの中でも再頻出&最重要タグです。
簡単に説明すると、“echo” はHTMLを出力するコマンドです

“echo” でどのようなことができ、どのように記述するのか見ていきましょう。

最初「なんだ、簡単じゃん!」って思ってたけど、
再頻出&最重要だけあってパターンがたくさんあって覚えることメッチャ多いんですけど…
(って、説明する前からビビらせてます・・・ ^^; )

“echo”で文字情報をHTML出力する

‘ ‘ (シングルコーテーション)で挟んだ情報を文字情報としてHTMLへ出力します。

 echo + 半角スペース+’ (シングルコーテーション)+文字情報+’ +;

<?php
    echo '文字情報の表示';
 ?>

※ ’ ’ (シングルコーテーション)以外に、” “(ダブルコーテーション)も使えます。

“echo”で計算結果をHTML出力する

echo のあとで計算することができ、その結果をHTMLへ出力できます。
四則演算子(+,-,×,÷)以外に、余りを求めることもできます。

記述は以下のようにします。

echo + 半角スペース + 半角数値 + 半角スペース + 半角数値 + 演算子 + 半角数値 ;(セミコロン)

<?p
 echo 1 + 1;
  // 出力結果 2
 echo 2 - 1;
  // 出力結果:1
 echo 2 * 2;
  // 出力結果:4
 echo 4 / 2;
  // 出力結果:2
 echo 5 & 2;
  // 出力結果:1
?>

演算子には以下のものがあります。

演算子 意味 記述例 表示結果
+ 加算(プラス) echo 1 + 1; 2
減算(マイナス) echo 2 – 1; 1
* 乗算(×:かける) echo 2 * 2; 4
/ 除算(÷:わる) echo 4 / 2; 2
% 剰余(あまり) echo 5 / 2; 1
符号反転(+,- を反転) echo -1 + 2; 1

上記の計算を ’ ’ (シングルコーテーション)以外に、” “(ダブルコーテーション)で挟むと、
どうなるでしょうか?

記述例 表示結果
echo ‘1 + 1’; 1 + 1
echo ‘2 – 1’; 2 – 1
echo ‘2 * 2’; 2 * 2
echo ‘4 / 2’; 4 / 2
echo ‘5 / 2’; 5 / 2
echo ‘-1 + 2’; -1 + 2

計算結果ではなく、式が文字情報としてそのまま出力されます。

“echo”で変数をHTML出力する

echo では変数を扱うことができます。

  • 変数には文字情報や数値を入れることができる
  • 変数で計算することができる

※変数については、こちらをごらんください!

echo で変数を演算子を使った例です。

<?p
 $a = 1;
 $b = 2;
 $c = 4;
 $d = 5;
  echo $a + $b;
   // HTML表示結果:3
  echo $b - $a;
   // HTML表示結果:1
  echo $a * $b;
   // HTML表示結果:2
  echo $c / $b;
   // HTML表示結果:2
  echo $d % $b;
   // HTML表示結果:1
?>

echo に文字情報を入れて、HTML出力する例です。

<?p
 $x = '柴犬'
 echo $x;
 // HTML出力結果:柴犬
?>

“echo”で文字列を連結しHTML出力する

echo に複数の文字列を連結しHTML出力することができきます。
連結方法は簡単♪

.(ドット)で繋ぐだけです。

<?p
 echo 'このワンコは'.'柴犬です!'
 // HTML出力結果:このワンコは柴犬です!
?>

文字列と変数を組み合わせることも可能です。

<?php
 $dog = '柴犬'
  echo 'このワンコは'.$dog.'です!'
  // HTML出力結果:このワンコは柴犬です!
?>

表示結果は同じですが、プログラム処理過程は違いますね。

“echo”で使う演算子の省略形

演算子に省略形があります。
(って、パターン多すぎなんですけど…)

変数に1 をプラスする場合のみ “++”をつかえます。
変数から1 をマイナスする場合のみ、”–“をつかえます。

ややこしいです… orz

演算子 意味 変数 記述例 表示結果
++ 1加算(プラス) $a = 1 echo $a ++;
echo ++$a;
(echo $a + 1;)と同じ
2
1減算(マイナス) $b = 2 echo $b –;
echo –$b;
(echo $b – 1;)と同じ
1

“echo”でHTMLタグを出力

echo の文字列出力でHTMLタグを設定すると、HTMLとして出力できます。
(なんか、ややこしい…)

<?php
 echo '<p>'.'このワンコは柴犬です'.'</p>';
  // HTML出力結果:<p>このワンコは柴犬です</p>
  // 画面表示結果: このワンコは柴犬です
?>

“echo”で文字列と変数を連結しHTML出力する

echo で、文字列と変数を連結しHTML出力することもできます。
その場合の決まりごとは・・・

  • echo の後は ” ”(ダブルコーテーション)で囲みます
  • 変数は、{ } で挟みます
  • 文字列と{変数}は.(ドット)で繋ぐ必要はありません

記述例はこちらです。

<?php
 $dog = "このワンコは柴犬です";
 echo "<p>{$dog}</p>";
  // HTML出力結果:<p>このワンコは柴犬です</p>
  // 画面表示結果:このワンコは柴犬です
?>

※タグ&変数を ‘ ‘ (シングルコーテーション)で囲むと…

<?php
 $dog = "このワンコは柴犬です";
  echo '<p>{$dog}</p>';
   // HTML出力結果:<p>{$dog}</p>
   // 画面表示結果:{$dog}
?>

と、変数の中が出力されず、{$dog}がそのまま表示されます。

って…”echo” だけで、覚えること多すぎ…
(ハァ~疲れた・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です