PHPの変数を使用して演算できる?

PHPの変数を使用して演算できる

PHPの変数には、文字列・数値・演算結果を代入できます。
(エッ!どういうこと?)

変数で演算した結果を別の変数に代入できる

ということなんですね。

<?php
 $numbers = 10;
  // 変数 "$numbers" に、数値 10 を代入しました
 echo $numbers;
  // 変数 "$numbers" を echo した結果、ブラウザでは 10 と表示されました 

 $NewNumbers = $numbers + 100;
  // 新たな変数 "$NewNumbers" へ、変数 "$numbers" に 100 をプラスした結果を代入します
 echo $NewNumbers;
  // 変数 "$NewNumbers" を echo した結果、ブラウザでは 110 と表示されました
?>

つまりこういうことなんですね。

<?php
 $numbers = 100;
 $NewNumbers = $numbers + 10;
  // 新たな変数 "$NewNumbers" に、演算結果の 110 が代入されました
 echo $NewNumbers;
  // 変数 "$NewNumbers" を echo した結果、ブラウザでは 110 と表示されました

 $NewNumbers = 110;
  // 新たな変数 "$NewNumbers" に、数値 110 が代入されました
 echo $NewNumbers;
  // 変数 "$NewNumbers" を echo した結果、ブラウザでは 110 と表示されました
?>

どちらでも同じことがわかりますよね。

なぜ、こんな面倒なことをするの?って思いますよね。
きっと、こう思っているはずです…
「変数 “$NewNumbers” に、最初から 110 を代入すればいいじゃん!」って。

PHPプログラムは数行で終わらない…

PHPプログラムを書きだすと、数行で終わりません。
長いプログラムになると、100行、1000行というプログラムを書きます。

そのプログラムの中で、変数は何度も登場ることがあります。
例えば、先ほどの例でこんな例があったらどうでしょう…

<?php

10行目: $numbers = 100;
11行目: $NewNumbers = $numbers + 10;
21行目: $NewNumbers = $numbers - 10;
31行目: $NewNumbers = $numbers * 10;
41行目: $NewNumbers = $numbers / 10;
41行目: $NewNumbers = $numbers % 9;

?>

先ほどのように、直接数値を書くのであれば・・・こうなります。

<?php

10行目: $numbers = 100;
11行目: $NewNumbers = 110;
21行目: $NewNumbers = 90;
31行目: $NewNumbers = 1000;
41行目: $NewNumbers = 10;
41行目: $NewNumbers = 1;

?>

演算ロジックが全く分かりませんよね…

それに、、、
「あ、やっぱ・・・変数$numbersの値を200に変更しよう」となった場合・・・
各行の変数”$NewNumbers”の値を全て計算しなおし変更する必要があります。

(そんなの地獄・・・)ですよね~

そういう場合を想定して、
変数”$NewNumbers”の変数$numbersを使った演算ロジックを残しておくんです。

そうすると、10行目の変数”$numbers”の値のみ変更するだけでOKなんです。

これを知ったとき「なるほど~」って思いました♪
どうですか?スゴクないですか?PHPって。

ちなみに、以前に別のページで紹介してますが、PHPプログラムは上から順番に処理がされます。
同じ変数に、後から別の値が代入されると、上書きされて処理を実行します。

ここ、間違えそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です